守口市で整体院を経営し腰痛や首こりなどに対応するセルフケアを解説する動画をアップ

LINEでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

腰痛の整体院・金田一治療院のお客様の声

自宅で気軽に実践できるセルフエクササイズを動画で紹介

腰痛の整体院・金田一治療院のお客様の声

辛い腰痛・肩の痛み・首こりなどの根治を目指す際に、専門家に施術を依頼することが最も回復できる確率が高まりますが、整体院まで通院できない方や、自分自身でも何かできることをして早期回復を目指したいと思う方もいらっしゃいます。
そこでYouTubeチャンネルを開設して、皆様が無料でかつ片手間の数分間で気軽に実践できるセルフエクササイズ法について、そのメカニズムと共に動画内で紹介してまいりました。文章で詳細にセルフケア法を紹介することには限界があるため、詳しくは動画をご覧いただけますと嬉しい限りです。


四十肩・五十肩の痛みをその場で軽減できる腕橈骨筋ケア

腕が上がらないほどに肩が痛む「四十肩・五十肩」は、電車内で荷物をつり革の上に上げる際などに激痛が走り、とても辛いと感じる方も多くご来院されますその肩の痛みの原因となっているのが、腕橈骨筋(わんとうこつきん)という上腕二頭筋と親指の付け根の間あたりにある腕の外側の筋肉です。このコップを上に上げる動作に使用する筋肉が固くなっていると、対応した肩周辺の筋肉がこったり捻れたりしてしまい、肩に痛みが生じるようになるのです。
そこで腕橈骨筋を緩めるためにセルフケアで固さをほぐしていくのとともに、ここで重要になってくるのが筋肉の捩れに対応するために、「動き」を加えたケアを行うことです。その動きを加えたエクササイズもYouTubeで開設しているので、観ると視覚も通してより理解度が深まります。また、そのときに親指に力が入ってしまうと捩れの回復力が半減するため、そうならないコツも紹介しています。

とても辛い慢性的な首こりを胸筋を緩めることで軽減する方法

現代のデスクワークはパソコン作業が主な業務内容になるため、パソコン操作の姿勢に注意しないと首こりや眼精疲労などが慢性化してしまう恐れがあります。実際に首こりは現代病の一つとして広く認識されており、気軽な対処法などが強く求められています。その首こりがなぜ起こるかと考えたときに、多くの方に見られる状態である胸筋のこりが挙げられます。
デスクワーク時や車の運転時の姿勢を想像していただけるとわかりやすいように、猫背になって両肩が内向きになってしまい、この状態が長時間続くと胸筋が疲れてこり固まっていき、それに伴って首こりがひどくなって慢性化の一途を辿ってしまうのです。そこで、「胸骨オープン」という胸筋を気軽に緩めるエクササイズ法をYouTubeチャンネルで解説しており、首こりを緩和させるだけでなく、背中の筋肉も柔らかくなり、立ち上がるときの腰の痛みの軽減にも繋げていただけるようにいたしました。

トレンドの在宅ワーク時に起こる腰痛の原因と対処法とは

コロナの関係で在宅ワークが一気にトレンドになるなど、多くの方々のライフスタイルに大きな変化をもたらしています。しかしながら、在宅ワークは大変効率よく時間を活用できる恩恵がある一方で、運動不足で座っている時間がより長くなりがちなデメリットも抱えています。在宅でデスクワークを長時間続けた結果、腰痛が強くなってしまう方も多々いらっしゃるため、そのお悩みにお応えできるセルフケア法も動画内で解説しています。
なぜ在宅ワークで腰の痛みが強くなるかというと、原因は股関節を前に動かす筋肉である「腸骨筋」がこってしまうことにあります。この筋肉が固まると腰の痛みが誘発されてしまうため、腸骨筋を自宅で定期的にほぐすことが大切です。「腸骨」という骨盤の両サイドにある出っ張った骨があることは、ベルトを締める際などにも皆様がよくご存知の通りで、その腸骨を指で掴み足を開閉することで腸骨筋も弛緩してまいります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。